希望売却価格は下げるな!粘れ!とにかく粘れ!

プロのマンション売却手法

希望売却価格は下げるな!粘れ!とにかく粘れ!

私は物件が実家に近いということもあり、結局マンションを購入しました。
日当たりの悪いアパートに住んでいて、できれば一戸建てに住みたいと考えていたからです。
子供が1人いて、まだ1歳でした。

どんなマンションだった?

築40年ほどの古いマンションでした。しかし部屋はリフォームされていてきれいな3LDKでした。また駅近で便利な立地で、価格は1980万ほどだったと思います。住民は高齢の方が多く、モラルはとても良かったです。

マンションを売った理由は?

マンションが少し手狭で、もう少し広い一戸建てがないか探していたところ良さそうな物件があったので、住み替えようと思いました。また、耐震工事をするため修繕費が上がったことと、買った時点で古いマンションでしたので、売却価格も購入時よりそれほど下がらず、残りのローンを完済できることも売却の大きな理由でした。また、子供が新一年生になるタイミングでしたので、このタイミングを逃さずに売ろうと考えました。

売却業者選び

次に住む中古の一戸建てを購入する業者に、マンションの売却もお願いしました。

業者との交渉

最初に、過去の売却例をもとにいくらくらいで売れそうかを試算してもらいました。ただ最初の価格設定が少々高く、問い合わせがあまり入らなかったので値下げを勧められました。結局は最初の価格よりも多少値下げした価格で売却しました。

売却の手続き

購入してくださる方本人と先方の不動産業者、私とこちらの不動産業者で契約を行いました。不動産業者の説明がとても細かく、時間のかかるものでしたが、購入する方の顔が見えるかたちでの手続きでしたので安心でした。

売った感想

子供が新一年生になるタイミングに合わせて売却ができ助かりました。できればもう少し高く売りたかったですが住み替えでしたのでタイミングもあるので仕方ないかと思います。

これからマンションを売る人にアドバイス

売却を急がないのならば、希望売却価格はあまり下げずに粘った方が良いと思います。法外な価格でなければ売れるときは売れると思います。

COPYRIGHT© プロのマンション売却手法 Information ALL RIGHTS RESERVED.